対策事例1700件超!SEOコンサルタント昆野世宙のブログ

3万サイトを所有!SEO対策事例1700件超!アクセスアップの為にこれだけは絶対に押さたい5つのSEO手法を公開中!

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

グーグルでSEO対策する際の4つのポイント

こんにちは。
「SEOコンサルタント」の昆野です。
http://www.backlinkdaikou.com/

今日は、グーグルで重要視されているSEOのポイントを紹介します。


現在、グーグルで重要視されているリンクは下記の通りです。

1.別ドメインからのリンク
2.記事中からのリンク
3.アンカーテキストが分散されたリンク
4.個別ページ(下位層ページ)へのリンク


それぞれについて詳しく説明していきます。

1.別ドメインからのリンク

様々なところでも言われている通り、グーグルでは様々なドメインからのリンクが評価を受けています。同一ドメインや、サブドメインのリンクよりも、別ドメインのからのリンクを貰うことが大切です。

グーグルのSEO対策では、まずはドメインの分散を積極的に行うことが大切です。


2.記事中からのリンク

記事中からのリンクというのは、あまり他では注目されておりませんが、私はとても重要だと感じております。今後、記事中からのリンクというのはますます重要視されていくはずです。

それに伴い、フッターからの画一的なリンクは今後ますます効果が落ちていくと考えられます。


3.アンカーテキストが分散されたリンク

被リンクを集める際、一番のネックとなるのがアンカーテキストの分散です。

多くの被リンクサービスは、このアンカーテキストの分散に対応しておらず、
アンカーテキストが上位表示したいキーワードのみに統一しがちになってしまいます。

しかしこれは大きな間違いです。

自然発生的に貼られるリンクというのは、アンカーテキストがすべてバラバラなものになるのが普通です。

一つのアンカーテキストの比率は5割以内、どんなに多くても7割までに留めるべきです。

すべて統一したアンカーテキストで被リンク対策を行っているお客様は、早急に対策を行いましょう。


4.個別ページ(下位層ページ)へのリンク

グーグルでは、トップページだけではなく、個別ページ(下位層ページ)へのリンクを非常に重要視しております。

ビックキーワードで上位表示を実施したいお客様は、トップページへのリンク対策の他に、個別ページ(下位層ページ)へのリンクを充実させることが大切です。

簡単ですが以上がグーグル対策の主な内容となります!


さて、上記にすべて対応したお勧めのリンクサーピスです。

格安で実施できるのでどうぞ。


arrow0d06.jpgアンカーテキスト分散型ブログリンクサービス
http://www.backlinkdaikou.com/cat748.html#90blog
スポンサーサイト

| グーグル対策 | 13:17 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | 次のページヘ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。