対策事例1700件超!SEOコンサルタント昆野世宙のブログ

3万サイトを所有!SEO対策事例1700件超!アクセスアップの為にこれだけは絶対に押さたい5つのSEO手法を公開中!

前のページへ | PAGE-SELECT | 次のページへ

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

SEO対策でタイトルタグは最も重要な要素

こんにちは。
「SEOコンサルタント」の昆野です。
http://www.backlinkdaikou.com/

今日は、SEOの内部要因で最も大切な要素がタイトルタグの設定方法について紹介します。

あるキーワードでSEO対策を行い上位表示させるためには、狙いのキーワードを必ずタイトル中に入れることが必要です。

また、狙いのキーワードは、タイトルの先頭部分に設置したほうがより上位表示されやすくなります。

サイトタイトルの中に入っていないキーワードで上位表示を実施したくてもそればかなり難しいと言わざる終えません。

このため、数多くのキーワードで上位表示を実施したい場合、サイト内のページごとに狙いのキーワードを変えることで様々なロングテールキーワードからの集客が可能となります。


よくすべてのページを同じサイトタイトルにしているホームページを見ますが、これは大きな誤りです。

ページごとに集客を行いたいターゲットは変わってくるでしょうから、それに合わせたキーワードを配置し、ページごとに別々のサイトタイトルを設定するようにしましょう。


またサイトタイトルは、ヤフーやグーグルの検索時に見出し的に表示されます。このため、サイトタイトルには他のサイトとは違う競争優位性を盛り込んだものを設定しておく必要があります。

「サイトタイトルは、ホームページのキャッチフレーズ」とも言えます。狙いのキーワードを盛り込んだうえで、目の引くサイトタイトルを設定しましょう。

| 内部要因 | 13:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://konnotokimichi.blog109.fc2.com/tb.php/5-c6ba77e4

TRACKBACK

前のページへ | PAGE-SELECT | 次のページへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。